【ウレタン】クッション材・頂上決戦!長く座って疲れないのは?

座り心地というのはソファーにとっては重要な問題になっていますが、中でも最も重要な役割というのはウレタンの密度の高さだと言われています。

このウレタンによって、柔らかく感じたり硬く感じたりクッション性というのが大きく変わってきます。

耐久性なども同じく、あまり柔らかすぎると簡単に形も崩れていきやすいので、なるだけ硬めのウレタンのクッションにする方が、ソファー自体の使用期間を長くすることが出来ると考えられます。

ただ単に長持ちするだけのことを考えるだけでなく、実際使用している中でも長時間座っていても疲れにくいのは間違いなくウレタンが硬めの物の方なので、購入する際にはその点に注意してみるのも良いでしょう。

モダン系を目指して|インテリアの色やデザインはどう決める?

モダン系の部屋にするには、壁や床等のベース色を白にします。

白を基盤にして、差し色に落ち着いた青や緑、グレーや赤を持ってくることで落ち着いたモダンな雰囲気が実現します。

ブルーグレーのようなくすみ系の色も、モダンな部屋に似合うでしょう。

モノトーン色を使い過ぎると暗くなってしまうので、差し色は明るめにします。

インテリアはどこか懐かしいレトロなアイテムがおすすめです。

北欧デザインの食器やマットは、大人っぽいテイストになります。

可愛らしい雰囲気にしたいのであれば、多色使いのシャンデリアを付けたり革でありながら赤や黄色などのポップなソファーを置いたりしてみてはどうでしょうか。

古時計やアンティーク小箱なども、モダンな雰囲気を作り出してくれます。

「針葉樹」の木材|種類や特徴、向いている家具など

針葉樹は柔らかく肌触りが良いのが利点ですが、傷つきやすいという特性もあります。

そのため、広葉樹よりも家具の素材として使用される頻度は少ないですが、心地よい触り心地から子供部屋の家具に向いている材質といえます。

子どもが一番最初に座る椅子としてハイチェアがありますが、スギなどの針葉樹を使うと座った時もひんやりせず冬でも温かで、座り心地が良いでしょう。

そのほか、家具ではありませんがフローリングの床にも向いています。

傷つきやすい材質ではあるものの、柔らかく足腰に負担がかかりにくいのでおすすめです。

物を置くときはラグなどを引いて傷がつかないようにすれば、材質の柔らかさや傷つきやすさを気にせず快適に過ごせます。

「広葉樹」の木材|種類や特徴、向いている家具など

広葉樹には、重く硬いという特徴があります。

また、強度が高いのも特徴で、ゆえに傷がつきにくい傾向にあります。

加えてしっかりと目が詰まっているので揺れに強いのも広葉樹の特徴です。

その具体的な種類としてはオーク材と呼ばれるナラやブナ、ヤキ、ウォールナットなどがあります。

そして、その特徴ゆえに本棚や食器棚など重たいものを収納する家具、あるいは長く大切に使いたい。

そのような思いで購入する家具については、重厚かつ耐久性に優れた広葉樹を使ったものにするのがおすすめです。

さらに、傷つきにくく揺れに強いという特性をもつ広葉樹ゆえ、ソファーや椅子のフレームの他、勉強机や書斎のデスクなどの家具に向いている素材と言えます。

ハラコ|ほとんど市場に出回らない幻の牛革素材の魅力

ハラコは生まれてまもない子牛や出産前に死亡した雌牛のお腹の子牛などを革素材として、使用します。

これは胎児の原皮で大変小さく最高級の素材と言われています。

最高級と言われる理由は①傷がない。

②毛足が長くて柔らかい。

③一匹ごとの文様が異なっていて、同じものがない。

④すべすべした肌触り。

ハラコは貴重価値が高いので、需要は高いのですが、供給は大変少なく、市場にはほとんど出回りません。

そのためポニー種の小型の馬をハラコ革として、使用されていることもあります。

ハラコはとてもデリケートなため、使用ごとに手入れをしないといけません。

また水にも弱いので、雨の日には使わない方がいいでしょう。

ハラコは小さい革製品やブランド品のバックなどに使われています。

シックハウス対策|身体にやさしい家具の選び方

アレルギー体質の方は、シックハウスで反応してしまうことがあり、身体に負担を掛けない行動では家具選びも慎重に行うことが必要です。

選び方は意外と簡単で、木製品であれば合板を利用していない天然木の家具、若しくは金属製や樹脂製の家具から選ぶ方法があります。

木製家具の場合でシックハウスに掛かる方は、木材に接着剤や有害物質を含む塗料を用いている家具に反応してしまいます。

回避するには化学薬品不使用として販売されている家具から選ぶことで問題は全てクリアできます。

注意が必要なことはあり、無垢材を用いている家具でも表面塗装に化学性物質が混じっていては問題があります。

現在では自然素材の成分で構成された塗料があるので、このタイプの塗料を使っている家具も正しい選び方です。

リヨセルとテンセルの違い、生地として使ったときの特徴など

指定外繊維ではリヨセルとテンセルが代表的ですが、実はこの二つは、名前が違うだけで同じ繊維です。

リヨセルはオーストリアのレンチング社の商標で、テンセルはイギリスのコートルズ社の商標でした。

別々の会社なので二つの名称が用いられていましたが、2004年に両社は合併しました。

その結果、テンセルはリヨセルのブランド名という形に落ち着きました。

特徴としては、繊維が柔らかく吸湿性に富んでいます。

また肌に吸い付くようで寝心地が良いので、掛け布団などの生地に多く使われます。

さらに適度な光沢感があり弾力性も十分です。

しかも強度も強いので、家庭での洗濯も可能となっています。

ただし摩擦に弱く、毛羽立ちや白化がしやすいというマイナスの特徴もあります。

【インテリアを買う前に】後悔しないよう、事前にしておくべきこと

インテリアを選ぶためにショールームに行くことを考えている人も多いのではないでしょうか。

ショールームで気に入った家具が見つかった場合は、すぐにでも購入したいところですがやはり注意点はあります。

まず、部屋のサイズに合っているか、部屋の雰囲気に合っているかはよく確認しておきましょう。

廊下やドアが狭いと搬入できない可能性もありますので、置き場所や経路を含め、サイズを確認しておくことが大切です。

そして、ソファーやカーテンは生地の質が良いことも大事ですので、生地サンプル取り寄せで生地を確認しておくとより安心です。

値段の安さで決めてしまわずに、長期間愛用できるものであるかどうかもしっかりと確認して理想のインテリアを選んでいきましょう。

インテリアを長持ちさせるために、気をつけたい3つのポイント

インテリアアイテムを長持ちさせるためには、次の3つのポイントを守りましょう。

1つめのポイントは、エアコンの風に気を付ける事です。

冷風や温風が直接当たる場所にインテリアアイテムを設置すると、温度変化や風の影響をダイレクトに受けてしまい、劣化が進みやすくなります。

2つめのポイントは、製品の汚れの放置をやめる事です。

僅かな汚れなので後で掃除すれば良いだろう、こう考えて汚れの放置をするのは危険です。

時間経過で、付着した色やシミなどはどんどん落ちづらくなります。

3つめのポイントは製品を出来る限り、優しく扱う事です。

丁寧に持ち上げたり、正しい使い方で座ったり、定期的にメンテナンスを施す等、優しく扱う精神がアイテムを長持ちさせる秘訣です。

【フェザー】クッション材・頂上決戦!長く座って疲れないのは?

自分の部屋にあったインテリアを揃えたいと考えた時に、人が集まる中心になる居間のコーディネートから入る方が良いとされています。

その居間のインテリアの中でも重要なポジションとなるのがソファーですが、そのソファーを選ぶ上で最も大切なクッション材というのはなるだけ拘りを持った方が良いとされています。

特に素材に関しては、妥協してしまうと納得がいかなくなった場合に後悔してしまいます。

クッション材でも比較的安価なポリエステル綿のみの物は、ふかふかな感じではありますが、耐久性に関してはフェザーを混合してある方が良くて、しかもフェザーには他の素材にはないあたたかさがありますから、長く座っていて疲れないのはフェザー入りの方でしょう。